夜スナップを撮る際の心構えについて

夜スナップを撮る際の心構えについて

私よりも技術も経験もある方も当サークルに所属しているのは存じております。

これから書くことについて、異論がある方もいらっしゃるかもしれませんが、初心者の方も参加されるかもしれないので一応、書いておきます。

だいたいこれに従っておけば、大きく失敗はしないはずです。

  • ISO感度の高いフィルムを選択する。

手に入りやすいフィルムだとVenus800とかでしょうか。

ここら辺を選択しておけば間違いありません。

しかし、一本当たりの値段が高いです。

(本音をいうと、撮影会でパチパチ使うのには高すぎる…)

そんな方は、こちらの記事をご覧ください。

ISO200と400で撮ってみた感想について記載してあります。

  • 明るいレンズを使う

F値は数字が小さいほど、光を多く取り込むことができます。

だいたい皆さんがお持ちの大口径レンズだとF1.2~F2あたりが主流じゃないでしょうか。

作例として適切かはわかりませんが、この写真は日没後(夕方)に業務用100でF1.2のレンズを使って撮影した写真です。

現像に出したら昼間のような明るさに補正されてしまいました。

可能な限りF値の小さいレンズを使うのがベターですが、明るいレンズを持っていない場合はフィルムの感度でカバーです。

  • 手ブレ、被写体ブレに気を遣う

明るいレンズを使うのも感度の高いフィルムを使うのも、全てはブレを防ぐためです。

一般的にはシャッタースピードを『1/焦点距離』秒よりも速くするのが良いとされています。

標準の50mmレンズを使用した場合は、50分の1秒です。

これよりもシャッタースピードが遅くなると手振れの可能性が高まります。

手振れすると、こんな感じの意味不明な写真が出来上がります。

被写体がブレる分には「そういう表現」とごまかすことができますが、手振れは完全に失敗写真です。

(一部には流し撮りという手法もあるみたいですが…)

シャッタースピードとかよくわからない!という場合は部員に聞いてみてください。

 

  • 迷惑にならなそうな環境であれば内蔵ストロボを使ってみましょう。

私はストロボ直射で出てきた写真は嫌いです。でも、フィルムカメラのストロボ直射なら何か許せます。

 

手振れさえ気を付ければ何とかなるはず

現像に出して全部手振れの写真だと相当なショックを受けます。

ここには書きませんでしたが、手振れを抑えるコツや構え方なるものも存在しますので、詳しそうな部員を見つけて聞いてみてください。

嬉しそうに「一眼レフはミラーショックがどうのこうの~」と語り始めるでしょう。

最後に必要なものは、12月の寒さに負けずカメラを構え続けることですかね。

そんな感じで、部員の皆様の参加をお待ちしておりますのでよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

  1. フィルムカメラってどのくらいお金がかかるの?コスト面から考え…