中感度フィルムで夜スナップを撮ってみる

夜スナップを撮ってみる

ほんの数年前までNATURA1600という夜スナップに最適なフイルムがあったのですが、廃盤になってしまいました。

かなしいですね。

では、おとなしくビーナス800かロモの800を使うか。

ISO800のフィルムでも結構いいお値段するので、こういう実験的な試には使いにくいですね。

何とか安いフィルムで頑張れないかチャレンジしてみました。

CONTAX TVS × Kodak Colorplus200

 

CONTAX TVSの開放F値は広角側でF3.5。

夜間でF3.5かつISO200、手持ち。

デジタルでは絶対にしない設定です。

下手に「ISO200でも撮れるよ」とか適当なことを言って、皆さんを困惑させてもいけないので、正直に書きます。

写真としての出来は置いておいて、1枚ブレブレ、1枚ブレ、3枚くらいは何となくみられる写真ではないでしょうか。(打率60%)

手持ちと書きましたが、橋の欄干に置いたり、電柱に寄り掛かったり工夫して撮ってみました。

コンタックスTVSはオートのカメラなので、シャッタースピードを調整したい場合は露出補正ダイアルを-に振って調整するしかありません。

絞りなんて常に開放です。

ここからは完全に推測の話なのですが、

もしかしたら露出補正ー2で設定して撮影しても、現像の時にカメラ屋さんがいい感じにしてくれているのではないでしょうか。

デジタルのRAW現像ではありえない手法ですが、フィルムの露出を持ち上げて画質が下がる分には「味」として許容される。

許容されるかどうかは個々人の問題ですが、少なくとも私はネガフィルムでの撮影に完璧性は求めていないので。

 

GR1s × SUPERIA PREMIUM 400

そもそも何故、夜スナップを撮ろうと思ったのか。

12月に夜スナップをテーマにした撮影会を開催するから?

違います。

私がどうしてもヤフオクで落としたGR1の動作確認をしたかったからです。

付き合ってくれた方ありがとうございました。

GR1sのスペックは28mmF2.8。単焦点レンズになっただけでCONTAX TVS と大差ありませんね。

やはり、感度が倍(200→400)になったこともあって、それなりに打率が上がっています。

光源さえあれば、ISO400 F2.8 は問題なく撮影可能な領域といっても大丈夫ではないでしょうか。

というか、露出アンダーで撮影したものを無理やり引き上げることをしていないので、カラープラス200の時と比べると画質もよくなっています。

F2.8のレンズだからそこそこボケますね。でもMF機能はついてないので、15年前のAF機能を信じて最短距離で撮影をしなければいけません。

フィルムカメラのオートフォーカスなんて昼までも信用していないのに…

まとめ

ここまで書いて、何が言いたかったのかというと、

「信用できないオートフォーカス、微妙な開放F値、コントロールできないシャッタースピード」

これだけの条件がそろっても、夜スナップは撮影可能であるということです。

気楽にやりましょう、気楽に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  1. 松本市内で紅葉の撮影会を開催しました

  2. 美ヶ原紅葉撮影会(雨天中止)→松本市内顔合わせ

  3. 令和2年11月14日(土)松本市内紅葉撮影会を開催します